読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるSEの副収入生活

日々の生活を少しリッチにする配当やホテルの話などあれこれ

リッツカールトン東京 マリオットポイントで無料で手配

以前、SPGやマリオットのポイントをどのように使うのがよいのかを考えてみたところ、リッツカールトンの無料宿泊に使おうという自分の中での結論になりました。 


無料宿泊にはマリオットポイントで70,000ポイント、SPGポイントで約23,000ポイントが必要なため、もう少し先かなと思っていたのですが、年末に色んなポイントの棚卸をしていたところ、既に到達していることに気付き、それならということで、 来月に宿泊することにしました。

f:id:se-sideline:20170103080828p:plain

  

SPGポイントをマリオットポイントに換える

自分の現在の手持ちのポイントとして、SPGポイントが16,000、マリオットポイントが54,000ありました。

SPGポイントは、SPGアメックスカード発行時のキャンペーンで10,000ポイントと、11月〜12月のカード決済で6,000ポイントによるものです。マリオットポイントは、去年のアメリカ出張時にマリオットに宿泊していた際のものです。恐らく30泊分くらいのポイントだと思います。

リッツカールトン東京の無料宿泊は70,000マリオットポイントが必要なので、足りない16,000マリオットポイントをSPGポイントから移行します。1SPGポイントは3マリオットポイントになるので、今回は6,000SPGポイントをマリオットポイントに移行してみます。

 

SPG公式に行くと下記のように分かりやすく表示されていました。

f:id:se-sideline:20170103082504p:plain

 

6,000SPGポイントをマリオットポイントに移行します。

f:id:se-sideline:20170103082748p:plain

 

マリオットの公式HPに行くと、移行は即時反映されていました。これで合計70,000マリオットポイントになりました。

f:id:se-sideline:20170103082943p:plain

 

無料宿泊を予約

次にポイントを使って無料宿泊を予約します。マリオット公式HPで改めて確認してみると、一番安いプランで1泊49,000円(サービス料と税金を含めると61,000円)でした。実費ではまず無理です。

f:id:se-sideline:20170103083156p:plain

 

無料宿泊できる部屋はデラックスゲストルーム(シティビュー)です。無料宿泊は前日までキャンセル無料なので柔軟性があってよいです。

f:id:se-sideline:20170103083658p:plain

 

予約が完了しました。後は当日を楽しみに待つだけです。

f:id:se-sideline:20170104193103p:plain

 

リッツカールトン東京のルームタイプ

リッツカールトン東京のルームプランと料金を確認しておきます。もしかしたらルームアップグレードの提案などがあるかもしれないので。(淡い期待ですが)

以下がルームプランの一覧です。料金は大人2名、2月の平日のある1泊のものです。カッコ内の値段は消費税とサービス料込みの値段です。

 

マリオット会員限定

  1. デラックス、52平米(キャンセル不可)・・49,000円(61,000円)
  2. デラックス、52平米(キャンセル可)・・58,000円(72,000円)
  3. タワーデラックス、52平米(キャンセル可)・・63,000円(78,000円)

 

通常料金(全てキャンセル可)

  1. デラックス、52平米・・59,000円(74,000円)
  2. タワーデラックス、52平米・・64,000円(80,000円)
  3. クラブデラックス、52平米・・74,000円(92,000円)
  4. エグゼクティブスイート、角部屋、80平米・・94,000円(117,000円)
  5. クラブエグゼクティブスイート、角部屋、80平米・・119,000円(148,000円)
  6. タワースイート、100平米・・119,000円(148,000円)
  7. クラブミレニアスイート、80平米・・129,000円(160,000円)
  8. クラブタワースイート、100平米・・139,000円(173,000円)
  9. カールトンスイート、120平米・・139,000円(173,000円)
  10. クラブカールトンスイート、120平米・・169,000円(210,000円)

 

クラブと付いているのはクラブラウンジが使えるプランで、同じ部屋でもクラブラウンジ利用が付くと一番安いプランで15,000円ほど値段があがります。それほどのラウンジということなのでしょう。

 

デラックス

f:id:se-sideline:20170104200959p:plain

タワーデラックス

f:id:se-sideline:20170104201223p:plain

エグゼクティブスイート

f:id:se-sideline:20170104201030p:plain

ミレニアスイート

f:id:se-sideline:20170104201056p:plain

タワースイート

f:id:se-sideline:20170104201110p:plain

カールトンスイート

f:id:se-sideline:20170104201141p:plain

ちなみにクラブラウンジはこんな感じのようです。敷居高そう・・。

f:id:se-sideline:20170104202140p:plain

 

リッツカールトン上級会員特典

リッツカールトンはマリオットのステータスとリンクしているため、私が今持っているマリオットプラチナはリッツカールトンプラチナにマッチされます。

下記のとおり、リッツカールトンもゴールド以上はルームアップグレードが特典として記載されていますが、注釈として「スイートとクラブレベルのお部屋は含まれません」とあるので、アップグレードされても上層階や角部屋と想定されます。こちらは(期待はしないようにしつつ)当日どうなるか確認したいと思います。

f:id:se-sideline:20170104200341p:plain